お惣菜もお皿に入れかえよう

昔と比べて、おいしいお惣菜が増えたなあと、この頃つくづく思います。
揚げ物はもちろんのこと、サラダや和え物、煮物などバラエティー豊かに揃っていて、選ぶのにも迷ってしまいます。
そして肝心の味ですが、これが結構、というか非常においしいのです。

それで私ももう一品欲しい時や、疲れて作る気にならない時などは堂々とお惣菜を買ってきちゃいます。
家族もおいしい、おいしいと言って食べてくれるので、お惣菜って本当にありがたいと思っています。

友人でフルタイムで働いている人がいるのですが、その人は大の料理嫌いです。
働いていることもある意味言い訳になるので、ひんぱんにお惣菜を買っているそうです。

先日会った時、最近のお惣菜って本当においしいよねと言ったら、彼女の表情が少し曇ってしまいました。
彼女はおいしいと思うのですが、家族に不評だと言うのです。

それでもっと詳しく聞いてみたところ、私には理由がわかった気がしました。
彼女の場合、買ってきたお惣菜をそのまま出しているのです。
最近のお惣菜のトレイは、きれいなお皿のような模様がついたものが多いので、このままでいいと思って出しているそうです。

私はお皿に入れかえています。
面倒くさいけれど、その方が絶対においしく見えると思っているからです。
お皿に入れかえても、お惣菜の味だということはわかってしまいますが、それでも実際においしく感じると思います。

そこで友人に、これからはお惣菜をお皿に入れかえて出すようにと、アドバイスしてみました。
味は変わらないのにと乗り気でなかったようですが、やってみたそうです。

その後すぐにメールが来たのですが、お皿に入れかえて出したら、家族もおいしそうに食べてくれて、好評だったそうです。
やっぱり見た目も大切なんだなと、改めて思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です