スケジュール管理

毎年、暮れになるとたくさんのカレンダーを関係先から頂きます。それと同時に手帳も頂き、普通はひとり一冊しか使用しないのでいつも余ってしまっています。一年という長い間使うものですからいつも自分の気に入った手帳を使用しているので、会社名の入った手帳を使ったことはまだありません。

次の年にどんな手帳を使おうかと毎年文房具屋さんや大きな本屋さんなどに出かけては色々と物色しています。実際に手に取って開いて見ないと使った時の想像が出来ないので通信販売で買う事はありません。
毎年本当に多くの工夫や改良がされた手帳が発売されています。これまでに色々な手帳を使ってきました。

中央にリングが付いていて使用する紙だけを入れられるタイプ、文庫本くらいのサイズで分厚いタイプ、縦長のものやとても小さくてポケットに入れやすいタイプ、鉛筆がついているタイプなどなど。気分や趣味で基本的に選んではいるものの、その時のスケジュールの入り具合や他人に見られても大丈夫なデザインをチョイスしています。

仕事中などに手帳を開くとついつい相手も目がいってしまうもので、毎年同じカバーを使用しないようにしています。革のカバーは割といい味になってきましたが、使い過ぎるとやはり汚くなってしまいました。
年々シンプルな手帳を使うようになっています。最近ではスマートフォンやタブレットでスケジュール管理をする方も増えているそうですが、これからも使い慣れた手帳の方でいくつもりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です