証人喚問に応じましょうよ、ネ?

慰安婦の証言の裏づけを全く行わなかったなど、実質日本と韓国の合作であったと公にバレてしまった河野談話ですが、その談話の発表主である河野洋平氏は今日も元気に大陸に御注進の模様です。

この真実性という最も重要な点が非常に疑わしくなってしまった河野談話の製作について「国会での証人喚問」と言う日本国民に向けての申し開きの場が折角用意してもらえるのですから、その最も公正な場において全日本国民に向けて自分の考え、思いの丈を卓越した弁舌により繰り広げればよさそうな物ですが、どうしてやらないんでしょうね?

そんな証人喚問に応じないどころか、日本の富を毟り取りたい、日本を侵略したい日本の上に立ちたいなどの点において韓国と歩調を伴にする中国くんだりにまで行ってわざわざ「わが国のトップは危険な軍国主義の極右です何とかしてください」などとアピールするのですから、ネット界隈などで囁かれている『河野洋平は日本を特亜に売り渡そうとしている最悪の売国奴』なのではないか?と言う街談巷説に過ぎない噂にに真実味が付いてしまうのです。

私は何も河野氏の事を糾弾したりディスったり、そう言う事をしたいわけではありません。
ただ河野氏の発言や行動について、国を思う人間のものとしてはちょっと「疑問」があると言っているだけです。

で、この「疑問」は世論調査の結果などからもコモンセンスであると判断する事が出来ます。
この疑問に応えるためにも、今度証人喚問の要請があったら是非応えて欲しいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です